勝連城跡正面

歴史あるグスクから唯一無二のうるまビューを堪能 Katsurenjo

沖縄本島の中部、勝連半島の根元に位置する丘陵上に築かれている城跡。
15世紀、琉球王朝時代に海外貿易により勝連に繁栄をもたらし、この地で人々に慕われた王、阿麻和利(あまわり)が居城したとして知られている勝連城。2000年にユネスコの世界遺産に登録されました。

自然の断崖を利用した難攻不落の城と言われる勝連城ですが、その城壁は優雅な曲線を描き、女性的な美しさを感じさせます。
頂上に登ると太平洋に輝くコバルトブルーの海が一望できる沖縄有数の景勝地です。

勝連城1の曲がりから見た夕日

地元の高校生を中心として現代版組踊「肝高の阿麻和利」

阿麻和利の物語をテーマにした、現代版組踊「肝高の阿麻和利」は地元の高校生を中心として肝高ホールを拠点に公演されています。
全国各地に熱狂的なファンが多いのも現代版組踊「肝高の阿麻和利」のひとつの特徴です。

現代版組踊「肝高の阿麻和利」
現代版組踊「肝高の阿麻和利」

ぜひ、琉球の時代を感じる勝連城跡にお越しください。
詳細は、勝連城跡専用WEBサイトをご覧ください。